fc2ブログ

絵や音楽のプロを目指して専門学校へ行こうとしている人・行っている人へ。

まえがき:

イラストレーターやデザイナー、ミュージシャンを目指して
専門学校へ行こうとしている人・行っている人に対して、
以前から伝えておきたいことがあったので、
いきなりなのですが書いてみました。

エラそうなことも書いてますが、
かくいう私もこの仕事だけでは食べていけていないプロのピヨ子で、
こんなことを書くのは恐れ多いのは重々承知の上です。
ただ、少ない経験の中で感じたこともあるので
今の時点での私なりの考えを書いてみました。
この文章がその道を目指して専門学校への進学を考えている人、
今在学中の人へのヒントになれば嬉しく思います。



------------------------------------------


専門学校へ行こうとしている人・行っている人の大半は
その道のプロを志していると思います。

結論から言うと、専門学校へ行くだけでプロになるというのは難しいです。
専門学校というのは、普段から頑張ってきた人、頑張っている人が
補助的に行くところだと思っていいと思います。

ここでいう「頑張る」とは、
普段からその道に関しての情報収集をしたり、
理解を深めていたり、アンテナを常に張っていたり、特訓をしたりと、
今自分ひとりでもできることを十分している状態です。

また「プロ」とはそれを仕事とし、お金を貰っている状態とします。

普段頑張っていない人が、専門学校へ行って、
学校にいる間だけ頑張ってもプロになるのは難しいでしょう。

普段から頑張っている人が、専門学校に行けば
プロになるのはそう難しくないと思います。

結局は普段自分がどれだけ頑張れているかだと思います。
これはどの分野でも同じだと思います。

------------------------------------------

私はそもそも専門学校へできれば行きたくはありませんでした。
美大や専門学校を出れば、
それまでの自分の力でやってきたこと、身につけてきたことを
「そういった学校へ行っていたから」で片されるのが悔しかったからです。

実際に、「美大を出てるんですか?」「絵の学校を出てるんですか?」
などと聞かれて、「デザインの専門学校に行ってました」と答えると、
「専門学校でもこれだけ描ける様になるんだ」というようなことを
言われることがよくあります。
相手の人は、私を褒めようとしてそう言ってくれている部分も
少なからずあるとは思いますが、それだけ一般に
学校へ行きさえすれば簡単に技術が身について、
その道のプロになれると思われているのだな、と、その都度思います。
でもそれは幻想なのです。

私は学校に入る前から、なんとなくそれは理解していたので、
たとえ人にそう思われてたとしても、
学校に入って即戦力を身につけて、絵やデザイン関係の会社に就職して、
仕事をしながら絵に繋がる力を養いつつ、
自分の時間を作って絵を描けるようにして、
いずれプロになれればそれでいい、と思い入学しました。

結果として、入学してとてもよかった、と今は思っています。
パソコンにそれまで疎かったのですが詳しくなれましたし、
沢山のアプリケーション操作も覚えて、同じ志を持った友達もできました。
そして今も尊敬している素晴らしい先生にも出会うことができました。
また運良く学校推薦で就職させてもらえ、
研修として見知らぬ土地へひとり行くことになり、
そこで色々な経験を積み、それを下地にずっと活動を続けてきたからこそ、
今の自分があると言えます。

------------------------------------------

プロとして活動を始めたのは卒業後2年ほど経ってからでした。
卒業後も学校で学んだことをベースに、
更に技術向上に努め、イラストやWEBのセミナーに参加したり、
公募に応募したり、ホームページを作成したり、
出版社へ足を運び営業を行ったりと、
色々と行動を起こしてプロに近づける機会を増やし、
のがさないようにしてきた結果だと思います。

プロとして活動し始めたばかりのころ、
同じクラスだった友達にたまたま街角で会いました。
友達はその道のプロはあきらめて普通のアルバイトをしているようでした。
彼女は「あの学校を出たくらいじゃプロになるなんてムリ」と言っていました。
厳しいようですが、その気持ちでいては、
どこの学校に行っても結果は同じだったのではないかと思います。

学校では様々なことを教えてくれます。それを体得できるかどうかは
学校ではもちろんのこと、学校以外の時間に
自分が努力したかどうかにかかってきます。
ですから、先に書いたようにプロになれるかどうかは結局その人次第です。

これは英語にも似ていると思います。
私たちは中高で英語を学んできました。
今、英語が身についている人は、これまで学校以外の時間で努力してきた人が
殆どではないでしょうか。
学校で教えられたことはもちろんのこと、それプラス、
学校以外の時間で努力して、ある人は海外に留学をしてまでして、
さらには英語の学校へ行ってまでして、
やっと身についたのではないのでしょうか。
分野は違いますが、それと同じように思います。

------------------------------------------

学校は、その人の力の「支え」となるものです。
その人が、さかあがりをしようと精一杯頑張っていて初めて機能する
補助板のようなものです。
補助板に寄りかかっていては一向にさかあがりは
できるようになりません。
それを踏み台にして更に高く空をかけのぼり、
上を目指そうと頑張った結果として、
さかあがりはできるようになるのです。

私の周りの人は補助版なしの自力、
独学でプロになった人の方が多いです。
絵や音楽のプロになるにあたっては、
学校へ行っていたかどうかはあまり関係ないと思います。
たとえ補助版が無くても、最初から自力で
逆上がりができてしまう人もいるし、
残念なことに補助板を使ってもできない人もいるのです。

ただ、学校は普段から頑張っている人にとって、大きな支えになります。
1人で学ぶにはなかなか難しいことが学べる上、
同じような志を持った人たちに出会え、
いつでも質問できる、支えてくれる先生たちがすぐ側にいてくれたりと、
ひとり頑張らなくてはならない人間にとって
大変心強い存在になってくれるからです。

------------------------------------------

これだけ「頑張る」「努力する」などと書くと、
つらく厳しく大変で、マイナスのイメージに感じるかもしれませんが、
そもそもそれが好きで、自主的にやっていることなので、
確かに大変は大変ですが、嫌に感じることは無いのです。
もちろんつらく苦しく、やりたくないときもあります。
でもそれらは一時的なものです。
基本的に、 楽(ラク)ではなくとも楽んでやっているのです。
それらをいつも苦痛に感じる人は、
たとえプロになれたとしてもつらく厳しいものになると思います。
逆に言ってしまえば、プロとして活動できる人は、
一般にやっていてつらく感じること、よくやるよ、ということを
いつまでも楽しんでできてしまう人だけなのかもしれません。
楽しんでやれるからこそ、好きこそものの上手になれで、
その力はより一層伸びていくのだと思います。




学校や人の力をあてにせず、自分の力で楽しみながら頑張れる人。
そういう人は、どこにいても、プロになれる。
私はそう思います。



小野眞智子



スポンサーサイト



2009年02月25日16:23:53 仕事 トラックバック(0) コメント(11)

drawr始めました

こっちでちょいちょい遊ぼうと思います

2009年02月21日02:33:14 イラスト トラックバック(0) コメント(0)