スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日--:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『かいじゅうたちのいるところ』ジャパンプレミア

知り合いの方からお誘いいただき行ってきました。

スパイク・ジョーンズ監督作ということで
ヒューマン・ネイチュア以来!(といってもこれは監督でなく製作側だったけど)
監督作としては3作目とのこと。
初監督作品の『マルコヴィッチの穴』でいきなりヒットしたんですね。
知らなかった!

原作は同タイトルの絵本。かなり有名だそうで。
表紙を見たことあるような気がする程度。

会場はTOHOシネマズ@六本木ヒルズ。
かなり広い映画館で、スクリーンの大きさにたまげました。
1メートル先の100インチ画面を見てるみたい。

そして登壇ゲストはスパイク・ジョーンズ監督、マックス・レコーズ(主演)、
加藤清史郎(日本語吹替)、高橋克実(日本語吹替)。

監督は思ったより気さくな人柄でジョークをとばしたりしてた。
スーツのシャツも出してて崩してたり。あんまり監督っぽくない。
マックス・レコーズ君は本当に緊張してて言葉がでてこないみたいで
しどろもどろでチャーミングでした。
そして加藤清史郎君(トヨタのこども店長の子ですね)は相当当日に備えて家で挨拶の練習をしてきたのか
大人のようなかたい挨拶の言葉を
かわいすぎる声でたどたどしくも一所懸命言ってて
会場はうわぁあめっちゃかわいい~~~萌え~~!!という雰囲気でした。
高橋克実さんは、思った通りの感じでした(あっさり)

そして映画のネタバレしない程度に書きますが、
一見子供向けな感じなんですが、実は大人向けだと個人的に思いました。
というのも、こういう「かいじゅう」を抱えたまま大人になった人が
世の中にたくさんいると思うからです。

人は子供時代、みな「かいじゅう」であり、
やりたい放題やって両親にいい意味で甘え、思う存分愛情に浸ります。
その中で色々なことを学んで、やりつくして、
かいじゅうから大人になります。

でも家庭環境によって、親に甘えることを許されなかった子は、
かいじゅうになることを許されなかった子は
親に合わせて自分を適応させるために
そのまま「かいじゅう」を内側に秘めて大人になります。
なのでときどき知らずと「かいじゅう」が外側に出てしまい
周囲も本人も戸惑うことになります。

そういう大人が世の中に本当にたくさんいて、
これまでにそういった人たちともたくさん出会って、
その度にどうやっていけばよいのか悩んできたので(今もです)
この映画を見て改めて色々と考えさせられました。

この映画はそういう大人の「かいじゅう」の部分を実は描いているのかな、
なんて思いました。

映像はかなりの気合いやこだわりを感じるものですばらしかったです。
かいじゅうたちの鼻水とか息づかいとか、生々しい質感がリアルに
描かれています。なんか、すごくけもの臭そうでした!

公開は2010/1/15からだそうです。
「かいじゅう」について色々考えるところのある人、ぜひ。
http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/

-------------------------------------------------

追記:全く関係ありませんが、漫画の『MONSTAR』は
絵本「なまえのないかいぶつ」がベースですよね。
あれは「かいぶつ」ですがこちらは「かいじゅう」。
監督に言わせるとこの映画は【Wild Things】であって
和訳の「かいじゅう」はちょっとニュアンスが違うのだそうです。
「かいじゅう」や「かいぶつ」というと、
やや魔のニュアンスも感じてしまいますが、それより本来もっと
本能的で純粋な野生児的存在、というイメージなのかな?と思いました。
和訳せず、英語のまま感じるべきなんでしょうね。

この2つの作品は全くもって別モノですが、
「MONSTAR」または「Wild Things」を通して
人間の心の根底を描こうとしている点では同じかもしれません。


ちなみに私のような感想を持つ人はどうやらかなり少数派みたいです。
やっぱり感じ方は人それぞれですね。

スポンサーサイト

2009年12月17日03:39:24 文化 トラックバック(0) コメント(2)

デザインフェスタ終了!と今後の展望

デザインフェスタ29 ブース写真

お越し下さったみなさま、本当にありがとうございました!
今回で出展9回目、1回も休む事無くどうにか続いてます。
初日は終了後内核のライブ行って深夜に帰宅、
その後明日の準備して朝方寝て、2日目行ってきて
さすがにちかれた!疲れすぎて今日は1枚しか描けなかった。とほほ。
(下の写真がそれです。サイズは縦1.8m×横1mくらい。
1時間ちょいかかりました。ちなみにこの絵は結納を済ませ(笑)
外国人男性の元へお嫁に行きました!先越された(笑))
そして翌日普通に仕事で朝早く出勤、帰宅して爆睡、
今起きたところです。

デザインフェスタ29 ライブドローイング


さて今回はよさげな場所でなおかつ連続出展9回目ということもあり、
初見さん、常連さん、外国人の方々、色んな人が話しかけてくれて、
たくさん話ができて、沢山の嬉しいお言葉をもらえて、
気持ち的な面で大変充実したデザフェスとなりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
もっといい絵を描きたいです、喜んでもらいたいです、還元したいです。
で、それによってエネルギーもらって、また更なる還元という
インフレを生み出す方向性で(笑)今回も出展して本当によかったです。
もしよろしかったら、こう思ったよ、とか写真撮ったよ、
などなど感想等を戴けますと大変嬉しいです、お気軽にどうぞ!
もちろん今回に限らず常時お待ちしています。

次回は10月25-26日、ついに連続出展10回目!
(なんという優良顧客 笑)
私にとって大きな節目のデザフェスです。
なので次はちょーーーでっかい絵を描こうと思います!
3ミニブースかりて、1ブースは販売に、
残りの2ブースでは横4メートル縦2メートルほどのでかい紙へ
2~3時間かけてライブドローイングをガッシガシと
やりたいと思います、親も呼ぶつもりで!

あとは英語ですね、やっとギリギリ相手の言ってる事がわかるようになり、
自分の言いたい事を伝えられるようになってきて、楽しくなってきました!
これから、もっと的確な表現で相手に伝えられる様になりたいです。
とりあえず学習の達成度確認として6月に英検、
2つの級をダブル受験してきます、
そいで基礎ができたところで次はTOIEC!次回に向けて将来に向けて、
色々頑張りマッスル!
そしてなによりこのテンションの維持に努めて参ります!
皆様、本当にありがとうございました!

2009年05月19日05:15:46 活動情報 トラックバック(0) コメント(0)

絵や音楽のプロを目指して専門学校へ行こうとしている人・行っている人へ。

まえがき:

イラストレーターやデザイナー、ミュージシャンを目指して
専門学校へ行こうとしている人・行っている人に対して、
以前から伝えておきたいことがあったので、
いきなりなのですが書いてみました。

エラそうなことも書いてますが、
かくいう私もこの仕事だけでは食べていけていないプロのピヨ子で、
こんなことを書くのは恐れ多いのは重々承知の上です。
ただ、少ない経験の中で感じたこともあるので
今の時点での私なりの考えを書いてみました。
この文章がその道を目指して専門学校への進学を考えている人、
今在学中の人へのヒントになれば嬉しく思います。



------------------------------------------


専門学校へ行こうとしている人・行っている人の大半は
その道のプロを志していると思います。

結論から言うと、専門学校へ行くだけでプロになるというのは難しいです。
専門学校というのは、普段から頑張ってきた人、頑張っている人が
補助的に行くところだと思っていいと思います。

ここでいう「頑張る」とは、
普段からその道に関しての情報収集をしたり、
理解を深めていたり、アンテナを常に張っていたり、特訓をしたりと、
今自分ひとりでもできることを十分している状態です。

また「プロ」とはそれを仕事とし、お金を貰っている状態とします。

普段頑張っていない人が、専門学校へ行って、
学校にいる間だけ頑張ってもプロになるのは難しいでしょう。

普段から頑張っている人が、専門学校に行けば
プロになるのはそう難しくないと思います。

結局は普段自分がどれだけ頑張れているかだと思います。
これはどの分野でも同じだと思います。

------------------------------------------

私はそもそも専門学校へできれば行きたくはありませんでした。
美大や専門学校を出れば、
それまでの自分の力でやってきたこと、身につけてきたことを
「そういった学校へ行っていたから」で片されるのが悔しかったからです。

実際に、「美大を出てるんですか?」「絵の学校を出てるんですか?」
などと聞かれて、「デザインの専門学校に行ってました」と答えると、
「専門学校でもこれだけ描ける様になるんだ」というようなことを
言われることがよくあります。
相手の人は、私を褒めようとしてそう言ってくれている部分も
少なからずあるとは思いますが、それだけ一般に
学校へ行きさえすれば簡単に技術が身について、
その道のプロになれると思われているのだな、と、その都度思います。
でもそれは幻想なのです。

私は学校に入る前から、なんとなくそれは理解していたので、
たとえ人にそう思われてたとしても、
学校に入って即戦力を身につけて、絵やデザイン関係の会社に就職して、
仕事をしながら絵に繋がる力を養いつつ、
自分の時間を作って絵を描けるようにして、
いずれプロになれればそれでいい、と思い入学しました。

結果として、入学してとてもよかった、と今は思っています。
パソコンにそれまで疎かったのですが詳しくなれましたし、
沢山のアプリケーション操作も覚えて、同じ志を持った友達もできました。
そして今も尊敬している素晴らしい先生にも出会うことができました。
また運良く学校推薦で就職させてもらえ、
研修として見知らぬ土地へひとり行くことになり、
そこで色々な経験を積み、それを下地にずっと活動を続けてきたからこそ、
今の自分があると言えます。

------------------------------------------

プロとして活動を始めたのは卒業後2年ほど経ってからでした。
卒業後も学校で学んだことをベースに、
更に技術向上に努め、イラストやWEBのセミナーに参加したり、
公募に応募したり、ホームページを作成したり、
出版社へ足を運び営業を行ったりと、
色々と行動を起こしてプロに近づける機会を増やし、
のがさないようにしてきた結果だと思います。

プロとして活動し始めたばかりのころ、
同じクラスだった友達にたまたま街角で会いました。
友達はその道のプロはあきらめて普通のアルバイトをしているようでした。
彼女は「あの学校を出たくらいじゃプロになるなんてムリ」と言っていました。
厳しいようですが、その気持ちでいては、
どこの学校に行っても結果は同じだったのではないかと思います。

学校では様々なことを教えてくれます。それを体得できるかどうかは
学校ではもちろんのこと、学校以外の時間に
自分が努力したかどうかにかかってきます。
ですから、先に書いたようにプロになれるかどうかは結局その人次第です。

これは英語にも似ていると思います。
私たちは中高で英語を学んできました。
今、英語が身についている人は、これまで学校以外の時間で努力してきた人が
殆どではないでしょうか。
学校で教えられたことはもちろんのこと、それプラス、
学校以外の時間で努力して、ある人は海外に留学をしてまでして、
さらには英語の学校へ行ってまでして、
やっと身についたのではないのでしょうか。
分野は違いますが、それと同じように思います。

------------------------------------------

学校は、その人の力の「支え」となるものです。
その人が、さかあがりをしようと精一杯頑張っていて初めて機能する
補助板のようなものです。
補助板に寄りかかっていては一向にさかあがりは
できるようになりません。
それを踏み台にして更に高く空をかけのぼり、
上を目指そうと頑張った結果として、
さかあがりはできるようになるのです。

私の周りの人は補助版なしの自力、
独学でプロになった人の方が多いです。
絵や音楽のプロになるにあたっては、
学校へ行っていたかどうかはあまり関係ないと思います。
たとえ補助版が無くても、最初から自力で
逆上がりができてしまう人もいるし、
残念なことに補助板を使ってもできない人もいるのです。

ただ、学校は普段から頑張っている人にとって、大きな支えになります。
1人で学ぶにはなかなか難しいことが学べる上、
同じような志を持った人たちに出会え、
いつでも質問できる、支えてくれる先生たちがすぐ側にいてくれたりと、
ひとり頑張らなくてはならない人間にとって
大変心強い存在になってくれるからです。

------------------------------------------

これだけ「頑張る」「努力する」などと書くと、
つらく厳しく大変で、マイナスのイメージに感じるかもしれませんが、
そもそもそれが好きで、自主的にやっていることなので、
確かに大変は大変ですが、嫌に感じることは無いのです。
もちろんつらく苦しく、やりたくないときもあります。
でもそれらは一時的なものです。
基本的に、 楽(ラク)ではなくとも楽んでやっているのです。
それらをいつも苦痛に感じる人は、
たとえプロになれたとしてもつらく厳しいものになると思います。
逆に言ってしまえば、プロとして活動できる人は、
一般にやっていてつらく感じること、よくやるよ、ということを
いつまでも楽しんでできてしまう人だけなのかもしれません。
楽しんでやれるからこそ、好きこそものの上手になれで、
その力はより一層伸びていくのだと思います。




学校や人の力をあてにせず、自分の力で楽しみながら頑張れる人。
そういう人は、どこにいても、プロになれる。
私はそう思います。



小野眞智子



2009年02月25日16:23:53 仕事 トラックバック(0) コメント(11)

drawr始めました

こっちでちょいちょい遊ぼうと思います

2009年02月21日02:33:14 イラスト トラックバック(0) コメント(0)

11月7日(土)・8日(日) デザインフェスタ出展情報

ブログを放置すると広告が表示される仕組みに対し
何も言えないダメ子の小野です!

さて、今週末はデザインフェスタです。

→デザインフェスタ公式サイト

【時・場所】11時~19時 東京ビックサイト西ホール
【出展者名】イラストロニクスラボ
【ブース場所】1F 西2 C-0056
【覚え方】フツーに ゴロウ とか?

【出展内容詳細】
8回目の出展となる今回はライブドローイングをロックバンド
内核の波」CD音源をBGMに行う予定です。
いつもよりマッタリ絵を描こうと思っていますので
開始時間等はとくに決めていません。
*なお、描き上げた絵はお売りしています。
リーダーも来ているので11月29日のワンマンのチケットの販売、CD販売もしています。

またポストカードや便箋の販売も行います。
デザインフェスタ初売りは夏コミ合わせの画集【絵学】とポストカードを数種。
*画集をお買い上げいただいた方でご希望があれば
その場で裏表紙に1分程度のらくがきをいたします。


ぜひお越しくださいませ!


2008年11月04日15:45:12 活動情報 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。